オンラインで最後のお別れ

オンライン葬儀の情報が満載!

葬儀で供える花の種類

葬儀で供える花の種類 死者の霊を慰めるために葬儀で供える花は宗派によって種類が異なり、仏式の場合は菊や百合、カーネーションや胡蝶蘭、カトレアやオンシジウム等となります。
神式の場合は菊を中心に、カーネーションやカスミソウ、百合等を添えなければなりません。
キリスト教式は百合やカーネーション、カスミソウ等となりますが、菊はほとんど使用せず色については白となります。
仏式は白を基調に黄色やピンク、紫等となり、神式は白を中心としてさし色は淡い黄色やピンクを選択する必要がありますが、落ち着いた色合いとなるよう工夫するとよいでしょう。
葬儀で使用する場合色は一般的に白を用いますが、火葬を行う際に骨に色が移るのを避けるためといわれています。
マナーに関しては、仏式と神式はほぼ同じですが、キリスト教式の場合は異なるため、注意しなければなりません。
具体的には造花は避ける必要があり、バスケットフラワーという籠に盛った形にして自宅に送るのが一般的です。
送る際は、送り主を明示する名札を付けないよう注意する必要があります。

葬儀の花輪の値段を知っておく必要があります

葬儀の花輪の値段を知っておく必要があります お通夜や告別式などの葬儀では、斎場の入り口に花輪が設置されることがよくあります。
葬儀の場合は慶事と違って飾りではなく、お供え物として設置されるのが一般的です。
供え花は友人や親族、親戚などが注文することが多いですが、花輪は会社などの企業が注文することが多いです。
平均的な値段はどれぐらいなのか知っておくと、いざという時に慌てずに済みます。
供え花とは違って生花ではなく、造花を使用したデザインになっており、専門店からレンタルをすることが多いです。
大きさや形状によっても多少は違いますが、1万円から2万円前後が平均的な値段になっています。
住んでいる地域や宗派によっても多少は違いがあるので、年長者などに聞いておくと良いでしょう。
友人や知人、会社の人などの訃報は突然入るので、いざという時に慌てないように知識を身に付けておくことが大事です。
20代の若い人は葬儀に参列する機会が増えてくるので、平均的な相場を知っておくと良いでしょう。

1人実際そうなんだと思うよ 10年以上前からSMLでしか自分のサイズ知らない子多いし 若者ブランドフリーサイズ1種類のみとか多いし 一昨年伯父の通夜葬儀2日間7.5cmビールだったけど足に合ってたから何ともなかったし 3cm未満だと却って疲れるんだよねぇ 丸1日立ちっぱなしとか歩きっぱなしは別だけど
-->

copyright (C) 2021 オンラインで最後のお別れ. All Reserved.